髪の毛が薄くなったらAGA

髪の毛が薄くなってきたという人は、AGAの可能性が大変高いですね。AGAは、基本的にクリニックで治すもので、自分でケアだけで治すということは非常に難しいです。

AGAの意味について少し御説明します。AGAとは、男性の髪の毛が薄くなることを総称して呼んでいます。そして、髪の毛が薄くなる原因については、ほとんどが遺伝子だと言われています。また、遺伝子の関係ないという情報もあります。正常な睾丸機能を持っている人は、ほとんどの人がAGAになるそうです。ということは、私もAGAになる可能性が非常に高いということです。というから、ほとんどの男性の人に髪の毛が薄くなる可能性がありますね。睾丸機能が弱っているという人もたくさんいると思いますが。

なぜ、睾丸が髪の毛を薄くさせるのか。これは、良いホルモンも出していますが、反対に悪いホルモンも出すそうです。これが人によってですが、ホルモンの強弱があり強い人の場合は、毛周期を短くして細い毛しか生えないという状況を作り出すのです。本来、毛周期というのは髪の毛が生えて、太く育ってから抜け落ちるものです。しかし、AGAになっている人は、この毛周期がバラバラになっている人が多いのです。要は、髪の毛が太くなる前に、細い状態で髪の毛がすぐに抜け落ちてしまいます。こうなってしまうと、太い髪の毛がほとんどなくなり、髪の毛がどんどん薄くなって見えるというわけです。